ピアスはレディースものが可愛い|安くゲットできる

バッグの扱い方

手入れや保管が大切

カバン

シートバッグはとても便利で、バイクに乗る時などに大活躍します。シートバッグなどの商品を購入した後は、手入れや保管などを考えることが大切です。シートバッグなどのトラブルの多くは、使わない時に発生します。湿気の多い日本では、湿気対策を十分にとることが大切です。シートバッグのトラブルとしてカビやベタベタや日焼けなどによる変色などがあります。シートバッグを保管する際には、ほこりや紫外線からのガードも意識する必要があります。通気性の確保と型崩れ防止を同時に行うことで、シートバッグを良い状態に保つこともできます。つまり、革同士がくっついたり変色することを防ぐことができます。シートバッグはエナメル革やガラスコーティングした革が変色しやすいこともあり、特に注意が必要です。革と革の間に不織布を置くことで、こうした変色を防ぐことができます。シートバッグの型くずれを防ぐには、中に詰め物をすると効果的です。シートバッグの形に合うように吸湿性の高い物を詰めることはとても大切です。シートバッグの保管場所は通風性を意識して、あまり奥にしまいこまないようにすることも重要です。虫くいが心配な場合は、防虫剤も一緒に入れておくと安心して保管することができます。バッグの保管をする時は、便利グッズを活用することも大切です。バッグ用の除湿消臭剤などは人気があります。また、実際に利用する際には保管のしやすさもさることながら、持ち運びのしやすさにも目を向けると良いでしょう。

中距離以上の場合には

男性

日本では多くの人が自動車を所持していますが、一人で行動する際にはバイクの方が便利な場面も少なくありません。渋滞に巻き込まれることも少ないバイクでの移動は快適であり、ツーリングを趣味としている人も大勢居ます。そんな便利なバイクですが、自動車と違って困ることの一つが荷物の持ち運びです。積載量の多い自動車と違って、バイクの場合には通常はライダー自身が荷物を持たなければいけません。バッグなどを背負っている場合はある程度の荷物は持ち運ぶことが出来ますが、中距離以上のツーリングの際にはどうしても不便になってしまいます。そこで便利なのが積載量を大幅に増やすことが出来るシートバッグです。シートバッグはバイクのシート部分に取り付けることが出来るバッグであり、布製のシートバッグもあればカーボン製のシートバッグもあります。容量も40リットルから60リットルが一般的となっていますが、それよりも更に容量の大きなシートバッグも存在します。中距離以上のツーリングをする際には何日かかけて行うことが多くなりますが、その際にはキャンプなどをすることもあるでしょう。そういった際には寝袋が必要になりますが、シートバッグがあれば寝袋のような大きな荷物であっても持ち運ぶことが出来ます。シートバッグの他にもバイクに取り付けるバッグとしてはサイドバッグという選択肢もありますが、シートバッグはバイクの左右のバランスが崩れることもなく背もたれにもなるといったメリットがあります。

車体に合わせた選択を

バッグの付いたバイク

両手運転が基本のバイクは荷物の運搬が困難といえますが、シートバッグの活用で多くの問題が解決します。シートバッグは自転車カゴとバッグもしくはカバンの機能を併せ持ち、通勤通学からツーリングまで幅広いシーンで活用可能です。近年はおしゃれなデザインのタイプが人気となっており、ファッションの一部としてもシートバッグは親しまれています。しかし、原付や大型バイクなど重量のある乗り物に取り付けますので、取り扱い時には自身だけでなく周囲への影響も考慮しなければなりません。シートバッグは後方シートに取り付けるため、前方の視界を遮ることはありませんが、一方で後ろの様子が見えない場合もあります。また、バッグの固定が不十分であれば落下の危険があり、中身の損失だけでなく後方車が事故を起こす可能性もあるのです。どのシートバッグも落下しないよう安全性を考えて設計されていますので、落下を防ぐには正しい取り付けが大切といえます。また、車体に合わせたサイズの選択が基本で、荷物が入るからと大きすぎのシートバッグを取り付けるべきではありません。サイズが分からない場合は販売スタッフに相談し、アドバイスを受けてからの選定が望ましいでしょう。このほか、シートバッグ選びは用途に合わせることも大切であり、例えばツーリング時は完全防水タイプ、通勤通学は脱着が容易なタイプを選びます。乗車頻度が多い場合は両タイプを用意し、状況に合わせた使い分けが長持ちの工夫となるのです。